コンフォーマンステストシステム(CTS)

ICカード検査装置, 端末検査装置

CONTACTLESS TEST STATION(CTS)
Qi, NFC, EMVCO評価用非接触コンフォーマンステストシステム

CTSは、Micropross社のテクノロジーをワンボックスに集約した検査ステーションです。シグナルジェネレーター、オシロスコープ、RFアンプ、制御用PCなど必要なコンポーネントがこの1台に内蔵されています。

  • 主な機能
  • 対応プロトコル
  • パラメータ
  • スパイ機能
  • 利用可能な試験
  • 本体寸法/重量

TCSの主な機能

  • CTSには、シグナルジェネレーター、オシロスコープ、RFアンプ、A / Dコンバータボード、などの全ての必要なコンポーネントを搭載。
  • ISO 10373-6、ISO 10373-7、ICAO、Qi、NFC Forum、EMVCoテスト用のライブラリが利用可能。
  • アナログ、デジタル、およびアプリケーションのテストをサポート。
  • 各テスト仕様を網羅。
  • システムの自己校正を含む完全自動運転。
  • テストレポートの自動生成。

対応プロトコル

ISO/IEC 14443 (proximity)

サポートされるデータレート:
– 106,212,424,884kbps
– VHBRオプション( 最大6.8Mbpsをサポート)
– 非対称のボーレートサポート

B’ (Innovatron)

 

ISO/IEC 15693 (Vicinity)

サポートされるデータレート:
– 低および高データレート(4のうち1つ、256のうち1つ)
タグ動作:
– 1と2の副搬送波

ISO 18000-3 Mode 1
MifareTM

サポートされているバージョン:
– Classic、Light、Ultra Light、UItra Light C、Desfire

FeliCaTM

サポートされているデータレート
– 212,424 kbps

NFCフォーラムモード

– ピア2ピア、リスニング、ポーリング

NFCフォーラムタグ

– タグタイプ1(Innovision Topaz)
– タグタイプ2(MifareTM Ultra Light)
– タグタイプ3(FeliCaTM)
– タグタイプ4(ISO 14443 A / B)

ISO 18092 (NFC-IP1)

– サポートされている通信メカニズム(アクティブ/パッシブモード、イニシエータ/ターゲット)

Raw mode

– カスタムプロトコルを実装可能

プログラム可能なパラメータ

物理パラメータ(すべてのタイプ)

– 電界強度
– 変調の立ち上がり/立ち上がり時間
– 変調指数
– 一時停止時間(ISO 14443 AおよびISO 15693)
– 各ビットの持続時間+ EOF + SOF(ISO 14443 A)
– 任意波形発生器

論理パラメータ

– タイプAの一時停止
– FWT、TR0、TR1、TR2
– 通信速度
– 応答時間(非接触スマートカードシミュレーション)

スパイ機能

表示される信号

– フィールドプレゼンス
– 変調
– シーケンス
– バイト
– I / Oの方向
– ボーレートの変更
– トリガーステータス

利用可能な試験

電気テスト

– 出力:50W
– 入力インピーダンス:50オーム
– クラスA
– ボーレート・カバレッジ:106kbpsから6,8Mbpsまでの最適な動作
– RF帯域幅:6〜20MHz

オシロスコープパート

– 帯域幅:350MHz
– チャネル数:4
– サンプリングレート:5GS.s
– 解像度:8ビット

A / Dコンバータブロック

– EMVCoアナログテストに推奨されるモデル
– 解像度:14ビット
– サンプリングレート:130 MS.s
– チャンネル数:2

PCブロック

– オペレーティングシステム:Windows 10 Pro SP1
– RAM:8 GB
– ハードドライブ:750 GB
– 拡張ポート:
– 8 USB 2.0
– イーサネット接続
– VGA画面

本体寸法/重量

機械的寸法:230mm × 431mm × 466mm
重量:19Kg
冷却システム:一体型、外部冷却不要

Related posts